シルバーが変色した時の対処方法や予防&保管方法 | Yju

2019/08/15 22:39



シルバー925のリングはとても人気でYJUショップでもありがたい事に沢山の方がご購入くださりました♪

なので、今回は シルバーの黄ばみや黒ずんだ時の対処方法について書きたいと思います(*^^*)


シルバーアクセサリーは、最初はとても綺麗なピカピカだったのにしばらく着けずにいたら黄色っぽく、または黒っぽくなってた・・・

なんて経験があると思います。

よく、錆びたとか酸化してしまったと思われる方も多いかもしれませんが、これは硫化という反応のために起こってしまうんです。

硫化すると、硫黄成分に反応して銀が変色してしまいます。


シルバーアクセは、つければつけるほど、空気や紫外線を浴びるほど硫化し変色が起きてしまいます。

それは、体から出る汗や皮脂、空気中に含まれる硫黄成分、水、海水、大気中の車の排気ガス、温泉等の硫黄、紙の種類によっては銀を黒くするものや、硫黄成分が含まれるゴム製品などなどなど変色の原因は沢山あります。

これは、どのシルバー製品でも同じです。


その色合いの変化を楽しむ方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、買った状態のまま身に付けたいという方は必ずメンテナンスが必要となってきます。


そこで、いつまでも綺麗に付けていただく為、ご自宅で簡単にできるメンテナンス方法をいくつかご紹介したいと思います♪


まずは日頃のお手入れに手っ取り早いこちら↓

シルバー磨きクロス


こちらは柔らかいフェルト生地に微粒子の研磨剤を含ませた布で、シルバーの黒ずみや黄ばみが気になったときにこれで乾拭きするだけであっという間にピカピカになる優れものです。水や専用液いらずでどこでも磨けるのでお手軽です。


【使用方法】
変色したシルバーの表面の汚れだけを優しく拭き取るように磨きます。(強く磨かない事)

強く磨き過ぎてしまうとキズがついてしまったり、シルバーは柔らかい素材なので折れたり曲がったりする恐れがありますのでご注意ください。

また、シルバーにゴールドなどコーティングしたものも剥がれてしまう恐れがございますので注意が必要です。







お次は、磨きにくいデザインや、表面加工が施されてるアクセサリー、黒ずみ、黄ばみが酷い場合、また一気に沢山のシルバーを磨きたい時にはこちらがお勧め↓ 



シルバー液体クリーナー



こちらは、クロスやクリームではお手入れ出来ない、表面に加工のあるシルバーやチェーンのような細かなデザインや細工のある物などこの液体(硫化物)に浸けるだけで変色した部分を秒速で取り除く大変強力な銀専用のお手入れ方法です。




【使用方法】

シルバーを割り箸か何かではさみ、10秒ほど液につけたあと取り出して水洗いしたあと拭き取り乾かして下さい。 

変色がひどく一度で綺麗にならない場合は、液をつけた柔らかいブラシでブラッシングするか、液体につけて水洗いを数回繰り返して下さい。


※シルバー以外には使用しないでください。

1分以上液中に浸けて置かないでください。長くつけすぎると白くなり艶が無くなります。

宝石に液がつかないよう注意してください。特にパール、サンゴ、マラカイト、トルコ石、象牙など有機性、 多孔質および酸に弱い宝石は侵されますので絶対に液をつけないようにしてください。

メッキ、コーティング、燻し加工などの表面処理を施した銀製品には使用できません







小さな傷がついた時や、ツヤを出したい時にはこちらがお勧め↓



研磨剤

シルバー(銀製品)は柔らかい金属の為、使用してるうちに硬いものにぶつけたりすると表面にキズが付きます。
シルバー液体クリーナーや銀磨きクロスで磨いても輝きが戻らない事があるのはこの小さなキズが原因の場合が多いです。

クロスの場合は黄ばみや黒ずみを磨きとるもので、小さなキズは取る事は出来ませんが研磨剤は削り取る事で傷が綺麗になり、光沢(ツヤ)が出て新品のような仕上がりになります。

※表面に加工の無いものにだけ使用できます。

【使用方法】
柔らかい布に研磨剤を少量出し、なじませてからシルバーを磨きます。
(布がない場合はティッシュでも可能)

 



★研磨剤で有名な商品 


ウィノール(Wenol)(万能金属研磨剤)


ウィノールは若干粒子が粗いので、磨いた後にシルバーポリッシュかシルバー磨きクロスで仕上げ磨きが必要です。また、万能金属磨きなので磨いた後はぬるま湯か水ですすいだ方が綺麗な状態が長持ちします。





バガディ社シルバーポリッシュ(シルバー専用研磨剤)


こちらはシルバー専用の為、変色を防止する成分が配合されています。


※これらの研磨剤は研磨力が強いのでメッキ加工された商品に使用する事は出来ません。
磨いていると綺麗になり楽しくつい磨きすぎてしまいがちですが、浅めのデザインのアクセサリーなどはすり減り模様が薄くなったりする事もあるので注意が必要です。






【着用後のお手入れ方法】


シルバーは化学変化しやすい金属の為、着用後そのまま放置しておくと汗や汚れに含まれる硫黄成分が反応し変色(硫化)が起きやすくなる為、着用後は乾いた布屋ティッシュでカラ拭きをしてから保管することをお勧めします。





【変色をできるだけ避けたい場合】


1、シルバー変色防止材をご利用する


こちらが市販で売っている専用の保存袋。
専用なだけに、かなりの効果があります。

 

【ご使用方法】


用紙のザラザラした側(印刷が無いほう)に薬品が塗布してあるので、こちら側に銀製品を入れ、なるべく内部の空気を出して密封します。


※ジップロックはガスバリアー性が低い為 硫化反応を完全に防ぐ事は出来ませんが変色を遅らせる事は出来ます。その場合、空気を抜いて2重に包装すると効果も2倍になります。



2、シルバー変色防止スプレーをを使用する



こちらはバガディ社のシルバー変色防止スプレーです。


変色や細かい傷を取り、シルバー製品に本来の輝きと光沢を取り戻します。

また、優れた変色防止効果もありますので、長期間(半年〜1年)シルバー製品の美しい輝きを保てます。

環境に優しいフロン不使用です。



【ご使用方法】


缶をよく振った後、柔らかい布にスプレーしてからシルバーを磨きます。

数分後放置した後、綺麗な柔らかい布で乾拭きをして完了。






シルバー925は高価ではありますが、必ずお手入れが必要です。
お手入れするのが面倒だという方は、当ショップでも取り扱っておりますアレルギー対応のサージカルステンレス素材のものをお勧めします(*^^*)



以上!シルバーが変色した時の対処方法&保管方法でした!

お持ちのシルバーの状態に合わせてメンテナンスや保管を行ってくださいね〜



そして、綺麗な状態でこれからもずっとオシャレを楽しんで頂けたらと思います(*^^*)


ではでは!

またお役に立てる情報を書きたいと思います♪




他に聞きたいことや、記事にして欲しい内容などあればいつでもお問い合わせくださいね♪